Amazon等の一部ECサイトではせっかく広告で商品を販売したにも関わらずアップセルを促す様なアクションを出品者から取ることが出来ない、もしくは制限がされていると言ったケースが多く見受けられます。広告をして一時的には売上が上がったとしてもプロモーションコストの効率化をすることは難しい局面に直面する事があります。そこでここではLINE公式アカウントを使って、ユーザーを自社の資産化とする方法をご紹介したいと思います。

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントはLINE社のLINE for Businessを参照頂けますと概要はご理解頂けるかと思いますが、

LINEで家族や友だちとコミュニケーションを取るのと同じように、日常に溶け込みながらユーザーと企業・店舗との接点を創出するサービスです。

と記載がある通り自社のLINE公式アカウントに登録しているユーザーとLINEの機能を用いてコミュニケーションを取れるツールです。
つまり、フレンドとしてLINE上でつながっている限りコストがほぼかからない状態でユーザーへの商品の案内・告知が可能となります。
*LINE公式アカウントの料金体系

獲得ユーザーの資産化とは

Amazonのスポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告を使ってプロモーションをした場合、自社のユーザー化がなされないため、次に同じユーザーに対してアクションを起こすのはなかなか難しいです。例えば御社の商品が「父の日」に関する商品だとして今年の「父の日」キャンペーンではAmazonのスポンサープロダクト広告を使って素晴らしい成果を出したとしても、来年も同じ様に効果を出そうと思った際には来年もAmazonのスポンサープロダクト広告に出稿する必要が出て来ます。

もちろん来年の「父の日」キャンペーンが成功して高いROIを達成する事も十分ありえますし、その方法はその方法も実行する価値はあると思いますし、弊社でも様々な方法をご案内しております。
ただ、ここでお勧めしたいのは予算をかけてプロモーションしたユーザーを一度LINE公式アカウントに誘導をしてお友達になりこちらからもユーザーからもコミュニケーションを取れるスキームを作る方法で、それを資産化と表現しています。

Amazon上での様々な販売方法「Perpetua」

Amazon広告最適化AI「Perpetua」 funnelでは、Amazon広告(スポンサープロダクト広告・スポンサーブランド広告)を自動で最適化できるAI「Perpetua」も提供しています。Perpetuaは自動でAmazon広告を配信しACoSを最適化できるツールです。ACoS10%まで最適化できた商品も数多くあり、Amazon広告初心者から大量の商品を扱う代理店の方まで幅広くご利用いただけます。複雑な運用をぜずとも非常に効果の高いAmazon広告の実施が可能となります。
>>Perpetuaの詳細を確認

LINE公式アカウントへのユーザー誘導

では、そのLINE公式アカウントへどの様にユーザーを集めるかなのですが、いくつか方法がありますが代表的な方法は下記の2種類があります。

  • Facebook広告やInstagram広告の様なSNS広告
  • LINE広告(友だち追加広告等)

などが挙げられます。

そこで広告を出稿する際Amazonのセラーセントラルなどから発行したクーポンコードで割引が適用出来るとの旨が書かれたクリエイティブで広告を配信しユーザーをLINE公式アカウントへ誘導をすると言う流れになります。当然獲得したユーザーは当該商品とクーポンに惹かれて登録したユーザーですので、一定数そのままクーポンを使って商品を購入まで至りますし、ブロックされない限りこちらからいつでも告知が可能な自社データ(自社資産)と言う流れになります。

資産化したデータベースの使い方

一度LINE公式アカウントのデータベースに入ったデータに関しては、先程話しに挙げた様に来年のキャンペーンに再度利用することも可能であり、「父の日」にプレゼントを送ったユーザーは「母の日」にもプレゼントを送るだろうと言う仮説のもと、「母の日」キャンペーンに利用することも可能です。

また、ご紹介したケースはAmazonのクーポンを使って誘導をしてデータベース化しましたが、このユーザーデータベースに対して楽天上の自社サイトへの誘導に使う事も可能ですし、自社でECサイトをお持ちの場合は当然自社サイトへの誘導を促す事も可能となり、ライフタイムバリュー(LTV)ベースで考えた場合非常に価値の高い獲得が可能となります。

自動で商品を販売する

発展的な方法として、LINEには第三者が作ったツールが数多く存在しそれを使うと自動で商品を販売する事も不可能ではありません。ユーザーの行動による分岐を事前に作り、それに応じたLINEメッセージを配信する事により半自動もしくは全自動での販売が可能となります。

LINE公式アカウントの申請代行

上記流れの施策をお試しになりたい場合は下記のフォームからお申し込みください。LINE公式アカウントの申請は無料にて取得申請を代行いたします。別途LINE公式アカウントへのユーザー集客のプランをご提出後させて頂きます。